オーストラリアに留学してみて思ったことや感じたこと。日本という国の素晴らしさを再確認できた。

オーストラリアに留学してみて初めて気付いた日本の良さ。

私は、オーストラリアに1年間の留学経験があります。かといっても、英語が流暢に話せるわけでもありません。元々、海外に興味があり、一生のうち一年くらいは海外で生活してみたいと思っていました。そこで、社会人になって資金を貯め、オーストラリアに留学することになりました。なぜオーストラリアになったかというと、まずは、英語圏であること、暖かいところがよかった、そして物価が安いところがよかったという希望にあてはまったのがオーストラリアでした。

実際行ってみて思ったのは、オーストラリア人は、あんまり働かないということ、住んでみると物価はそれほど安いとは思わない、日本食っておいしい、日本の接客って素晴らしい、日本はなんていい国だったんだ!!っていうことに気付きました。別にオーストラリアが嫌いなわけではありません。今でも大好きですし、勝手に第二の故郷と思っています。でも、日本だったらこんな態度とらないだろうなーっていう接客には何度も心が折れそうになりました。英語をちゃんと聞きとることができなかったときや、伝えたいことが言えなかったときの「Ha??」という言葉は怖かったです。もちろん、優しい人もいました。ホームステイ先の人たちはとても優しかったですし、わたしの言葉を頑張って理解してくれようとしてました。週末の過ごし方は、本当にBBQが多く、公園に無料で使えるコンロのような鉄板のようなものが使えるのですごくよく利用していました。

一年間過ごしてみて、たくさんの経験もできたしすごく充実した一年でした。日本に帰ってきて、まず思ったのが、言葉が通じるとなんでもできる!!って思いました。今まで、消極的な性格が留学に行ったことによってすごく行動派になりました。英語はぼちぼちですが、海外一人旅にも行ったりするようになりました。でも、どこに行ってもとりあえず、日本って本当にいい国だなって再認識します。

基礎知識から専門的な知識まで、知るならココ