アメリカやイギリスへの留学は、経済的な面や規制の面であまり向いていないが、オーストラリアなら好条件と言える。

オーストラリアへの留学がベスト

中学を卒業して、高校を選ぶ際は、オーストラリアの高校に留学するということも視野に入れてよいのではないでしょうか。というのは、これからの時代は英語ができて当たり前の時代です。もちろん、英語だけでは足りませんが、最低限英語が必要なことは十分浸透した認識でしょう。しかし、留学と言っても、何故オーストラリアなのか、ということが疑問に思われるかもしれませんが、実はその理由は、消去法によって選び出されたということかもしれません。アメリカは確かによい英語が学べるかもしれませんが、それはアメリカの主要都市の場合です。そして、アメリカの外国人に対する規制はますます強くなってきています。治安の悪化も原因ですが、世界でアメリカに対するテロが頻発する中で、アメリカとしては渡航者の規制強化で対応している現状なのです。アメリカに留学するというのは、非常に困難を極めるようになるでしょう。

イギリスへの留学ということも考えられるかもしれませんが、イギリスはやはり渡航費用や経済的な面でかなり厳しくなるでしょう。そればかりか、イギリスの生活はかなり経済的に負担も大きく、また、ホームステイをするにも供給量が十分とは言えないのです。イギリスもアメリカも留学するには今一つ好条件というところまでは言っていないのです。その点、オーストラリアへの渡航は比較的自由で、とくにワーキングホリデーや、ホームステイ制度などが非常に充実していて、留学するための好条件がそろっています。また、円の強みを十分発揮できる国でもあり、それほど高額になることもないのです。もちろん治安がかなりよいことも言えるでしょう。